忍者ブログ
AdminWriteComment
星座に関する色々なメモ
No.
2018/11/20 (Tue) 22:59:45

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.21
2009/07/23 (Thu) 00:46:38

せっかくの天体ショーも、雨雲のおかげで見ることができませんでした。
晴れてさえいれば、90%以上欠けた太陽が拝めただろうに…
どっちも自然の起こすこと。人間にはどうしようもないですしね。
うーん、しかし残念。

では、久しぶりに星座語り。順番に牡牛のことをつらつらと。
資料も何も見ずに思いつきで書いてるので、間違ってたら教えてください。


牡牛っていうと、まあ、牛そのもののイメージがあります。
大きくどっしりとしてて、のんびり草を食んでるような。
それでいて、一度暴れ出すと手がつけられなさそうな。
慎重で芸術性もある星座なのに、なんだろうこの粗野そうなビジョンは。

星座の環は、順に人の年齢に例えられたりしますよね。
牡羊が生まれたての赤ちゃんで、魚が死ぬ間際(もしくは死後)の老人。
この環の最初に近い星座って、子供であり、より野生に近い感じがする。
性格がワイルドということじゃなくて、本質が出やすい、みたいな。
誰でも根本的な欲とか生命としての最優先事項というのがあって、
でも、そういうのはそれぞれの個性とか社会性とかいろんなもので隠してる。
で、最初の方の星座は、その色々被っている物を簡単に脱ぎ棄てられる気がする。
(逆に言うと、後の方の星座はすごく重ね着してるのかもしれない)
ただ、脱ぐにはそれなりのスイッチが必要だけども。

牡牛の場合は『快楽』と『安定』を求める時、一番ワガママになりそう。
これって、やっぱり小さい子供の本能的な働きに似てる。
なんかの実験で、赤ちゃん(離乳食は終わってる)複数人の前に
色々な食べ物を用意して自由に食べてもらうと、
赤ちゃん達は、自然と栄養バランスの良い食事をしたのだそうです。
で、中にもともと栄養の偏り気味な子がいたんだけど、
そういう子は、自分で足りない栄養の入ってる食品を多めに食べた。
人間の五感には、そんなすごい力が備わってるんですよね。
誰に教わらなくても生き延びるために最善の物を選べる力が。
牡牛が『良い物』にこだわるのって、すごく本能的なんだと思う。

大人になって、様々な知識が入ってきても、最終的には感覚で決めてそう。
でもきっと、牡牛に限ってはそれが一番間違いの無い選び方。
これ、他の星座がやると、きっと危険。
双子あたりは情報に頼った方が安全だし、魚はもう人に任せた方がいい。

おおらかで肥沃な大地、牡牛さんですが、実は休火山でもある。
長年微動だにしなかったくせに、ある日突然ドッカーン!となったりする。
怒らせると怖い星座っていうと蟹あたりも怖そうなんだけど、
彼の場合は普段から気分屋なので、周りも多少は心構えがある。
でも、牡牛みたいなのは本当に突然だから恐ろしい。
しかも頑固だから、簡単には怒りがおさまらない。
もう牡牛の気が済むまでご機嫌とるしか道はないんじゃないだろうか。

そんな牡牛と組ませたい星座は、牡羊…は前回書いたから、
それ以外だと、水瓶かな。
どの星座と組ませても暴走しそうな瓶だけど、牡牛とだと落ち着きそう。
なんというか、牡牛の抜群の安定感は、重力がありますね。
他の星座はそっちに引っ張られて、なんとなくまったりしてしまう。

あ、牡牛といえば、声が良いとされるのも、ポイント高いですよね。
いい声って、いつまでも聴いていたくなる。あれも一つの快楽。

独占欲の強い牡牛は何でも独り占めしたいタイプだろうけど、
良い物、綺麗な物、気持ちいい物、素敵な物を誰より知っているから、
それを周囲に広める側に立てば、いい仕事しそうな気がします。
[26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16
PR
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
karon
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]