忍者ブログ
AdminWriteComment
星座に関する色々なメモ
No.
2018/12/17 (Mon) 03:06:20

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.58
2012/07/19 (Thu) 21:06:58

久しぶりに本の紹介です。
これはぜひ!星座スレ(本家・801問わず)住人に読んで欲しい!

toranomaki.jpg







12星座 相性★虎の巻
アストロカウンセラーまーささんの本。
この本の特徴は、サブタイトルにあります。

「ようこそ! アストロまーさ学園へ」

つまり、擬人化星座の学園物で星占い相性診断!
という、実にスレ向きな内容なのです。

メインは会話仕立てで、まーさ先生と12人の生徒が登場し、
ホームルームで各人の問題を話し合う、というもの。
他にも、生徒指導風に長所・短所等が書いてあったり、
一人の星座と他星座との相性を席順で表してみたり、
学園らしい演出で12星座を紹介しています。

まーさ学園は共学なので、女の子もいます。
牡牛、蟹、天秤、魚の4人。少ないな。
あと、他のクラスに白乙女ちゃんと黒山羊ちゃんがいるらしい。
もしかしたら、双子の兄もいたりいなかったり。

個人的に好きなのは、各章の最後にある
『まーさ先生と○○座のたのしい放課後』のコーナー。
ホームルームの後にもう一オチ持ってくる感じで面白い。

山羊に『女子に写真が売れる』という理由で王子コスさせられ、
でも、やるからには完璧にと、全員をプロデュースする乙女。
他の柔軟ズにレオタード怪盗三姉妹をさせ、
山羊を和風バニーギャルにし、蠍を蛍光軟体動物にw

劇の練習中、こだわりがすごくて演技が気に入らないと
バスケットボールを投げつける水瓶(監督・脚本)と、
怒ってそれを竹刀で打ち返す蠍(主演)と、
止めようとしてブチ切れ、自分もボールを投げる獅子w

それから、一番最後にある各クオリティの番外編もいい。
活動は先生のお見舞い。不動はこたつパーティ。柔軟はカフェで試験勉強。
多少揉めたりもするけど、皆仲良しで和みます。

とにかく、どの星座も個性的で楽しい!
会話のテンポもいいし、笑いながら読めます。
12人でキャッキャしてるのが好きな人は嬉しいと思う。
妙なところで一致団結するのも可愛いな。

イラストも豊富で親しみやすい感じなので、星座をよく知らない人でもわかりやすそう。
占い関係なく、読み物としても楽しめる本だと思います。
 
No.42
2010/08/19 (Thu) 00:40:24

春の星座に引き続き、表紙をスキャンしてみた。
交流所の方でも紹介されてましたね。
もう残り6星座の画像も出てるんだなー
蠍が意外とふんわり可愛い感じだったけど、帯はどうなるのだろ。
獅子もちょっと地味だなーと思ったら、帯が派手だったし。
(下の画像では暗くなってますが、金ピカです)
蟹の帯もパール色でキラキラ綺麗です。
cancer.jpgleo.jpgvirgo.jpg









で、内容ですが、まだ蟹と獅子の途中までしか読んでません。
なので、今回は蟹の分だけ。


読んでて思ったのは、とにかく極端!ということです。

敵、味方。良い、悪い。好き、嫌い。
なんでもかんでもキッパリ左右に振り分けてしまう。
その決断力は男前にも見えますが、根本にあるのは、臆病さ。
自分の内に安心できる物だけを入れておきたい気持ちが強いが故。
厳しい二択を突き付けてくれる蟹さんですが、
ちょっと話しただけで大親友!な扱いになることもあるらしい。
感情優先だから、気持ちさえ通じればOKなんですね。

慣れた事を幾度も繰り返し、ある日突然、新規改革に着手する。
これが蟹の人生のリズム。
感情に突き動かされると、普段考えられないような事もしてしまう。
臆病だけど、自分の気持ち、思い入れのある人や物事は安心よりも大事。
その為なら平気で身を差し出す優しさと勇気のある人。

価値観も感情表現も激しく極端な蟹座さん。
でもそうやって気持ちでぶつかってくれる事で、周りに安心を与えているのかも。
理屈や損得抜き、愛情のみで接してくれる相手ってそういないよね。
このへんが、母性的って表現に繋がるのだろうけど。
 

No.36
2010/04/03 (Sat) 23:57:31

全部読み終わったので、感想を書いておきます。
挨拶や注意書きのような部分は、基本、牡羊座の時と共通なので、
実質、二冊目以降は読む文章量は少なくなり、早く読み終えられました。


まずは、牡牛座。
ゆっくり確実に一定のリズムを刻み続けるメトロノーム。
これは一生変わらないもので、牡牛座だけの才能。
牡羊に続き、自分の感覚を最も信頼している、自信のある星座。
そして、全てにおいて天然。
良い物を皆にもおススメしたい!と願っているのに、
一番いい物はちゃっかり自分用で、二番目を人にあげたり。
一つ一つの物の良さにばかり目がいって、
トータルコーディネイトが微妙なことになっちゃったり。
でも、そういう少々とぼけた味わいも、牡牛のリズムの一つのような気がします。

次に、双子座。
双子が求めるのは自分と共通点のあるもの、まさしく双子のように近しいもの。
世界と自分の繋がりを確かめながら、一歩一歩旅して歩く生き方。
このへんが、射手のオポらしいところなのかな。
射手だったら、飛行機で一気に見知らぬ国へ飛んで行っちゃう。
双子は好奇心は強いけど、意外と保守的なんだそうな。
そして、柔軟星座の柔軟性って、他者への優しさだなあと思いました。
相手が折れないなら、自分が我慢できるなら、とことん譲ってあげる。
そうして人に合わせ過ぎて、自分自身を見失うことも。
何もそこまでって思うけど、皆が我を張ってても物事は進まないし、
双子のような潤滑剤って、きっと大事。


一冊読み終わる度に、改めてその星座が好きになりました。
作者の星座に対する愛おしさが伝わる本でした。

No.35
2010/03/30 (Tue) 00:07:41

画像を入れるといつもレイアウトめちゃくちゃになってしまうのですが、
文章だけも寂しいので、本の表紙をスキャンしてみました。
aries.jpgtaurus.jpggemini.jpg



 





3月19日に発売された石.井.ゆ.か.り.さんの本3冊。
タイトルは、そのまんま牡羊座、牡牛座、双子座。
1冊につき1つの星座を丹念に解説するタイプの本です。

内容より何より、まずはこの見た目の可愛さ!
文庫本サイズのハードカバーで、雑貨屋さんに並んでても違和感無いファンシーさ。
牡羊座は真っ赤な林檎がぎっしり!で赤い帯。
牡牛座は美味しそうなクッキーで小麦色の帯。
双子座は鳥とお花の模様で、レモン色の帯。
占いの本には見えないけど、わかる人には表紙だけで何座かわかりそう。
他の星座はどんな表紙と色になるのか、今から楽しみです。
(ちなみに夏生まれは3星座は6月、残り6星座は9月発売予定らしい)

で、内容なんですが、まだ1冊しか読み終わってないので、
牡羊座のことだけ触れたいと思います。

とにかく、牡羊座のピュアさ加減が尋常じゃないのが良くわかります。
まったく自分の全てに疑いの余地が無い人。
まさに自分国の王様。
こう書くと、なんだか自分勝手な人みたいなんだけど、
牡羊座はそれが全く嫌味じゃないんだよね。ピュアだから。
人の目に自分がどう映るかなんて考えてない。
思うがままにシンプルに即行動。
それが牡羊座の魅力なんだなーと、改めて思いました。
ピュアピュアな牡羊に癒される1冊です。

牡羊座は褒めるのが上手いらしい(お世辞も媚も無く本気だから)
あと、叱られるのも上手いらしい(否定されただけでは傷つかないから)
そのかわり、人の心を傷つけた場合、ものすごく凹むらしい。
可愛いな牡羊!

残り2冊も読み終わったら感想を書きます。
今日はここまで。

No.16
2009/05/20 (Wed) 00:30:00

ここもしばらく更新してない… ブログなのに。

久しぶりに、星座の本のことでも。

12星座(秘)ノート
(タイトル欄に書いたのは帯の煽り文句)

上巻が水と火、下巻が土と風について書かれています。
1ページに1つ、メッセージと解説が載ってるシンプル仕様。
占いというより格言集的な読み物っぽい感じです。

その星座の男性、女性、男女共通の傾向について述べられており、
ぶっちゃけ長所より短所ばかり並んでいる。
でも、個人的には、読んでて嫌な気持ちはしなかったです。
「あー言われちゃったよ」とか、「悪かったな畜生w」と思いつつ、
ニヤリと笑える感じの軽い文章。
言葉づかいの怪しい部分も多いですが。
星座同士の相性についても、既存の星座本とは違ったりして、
また新しい視点が持てるというのも面白い本だと思います。

各星座のメッセージから、特に興味深かったり笑えた物を
一つずつ挙げてみます。
| HOME |
PR
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
karon
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]