忍者ブログ
AdminWriteComment
星座に関する色々なメモ
No.
2018/09/22 (Sat) 03:30:20

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.57
2012/06/10 (Sun) 23:44:31

久しぶりにお絵かきなど上げてみるよ。
風3人のお昼寝タイム。
約一名寝てませんが。

双子 「返事がない。ただの屍のようだ」
No.55
2012/03/19 (Mon) 00:39:11

また月単位で更新停滞してます。すみません。
連載中のものがいっぱいあるわけですが、
これがどいつもこいつも難しい部分に差しかかっていて、
どう書けばいいのかものすごく迷う。
優柔不断なので決めきれないのです。


生存報告がてら、それぞれの星座について、
常々思ってることとか書いてみる。


牡羊=(いい意味で)単純熱血バカのイメージがありますが、
リーダーシップがあり、素直で目標に向かって真っ直ぐ進む彼は、
どう考えても優等生だし、先生に可愛がられるタイプだと思う。
思うけど、ついおバカなキャラ付けをしてしまう。

牡牛は癒し。平和の象徴。でっかい抱き枕のイメージ。
一家に一匹欲しい。そこにいるだけで喧嘩の仲裁とかしちゃうよ。
でも、時々ものすごく真っ黒な妄想をしてしまう。
なんか嘘吐くの上手そう。本音が見えないというか。

双子は難しい。あいかわらず難しい。
なんなのこのアクの無さ、当たり障りの無さ。
主人公にしても補正つかないよ。周りばっかり目立つよ。
でも、脇に回すと途端に美味しくなるんだよ。

蟹も難しい。世話焼きオカン属性だけじゃやってけない。
家族想いの頼れる兄ちゃん!でも蟹らしくはなるけど、
それって他の星座でも普通に成り立つしなー
女々しくしたくないけど、蟹っぽさまで薄まるのが悩みどころ。

獅子って、万人が共通イメージを抱いてる唯一の星座じゃなかろうか。
スレでも個人サイトでも、絵でも文でも、違和感を覚えることってほとんど無い。
他の星座だと、個々人で微妙に違うニュアンスが入るもんだけど、
獅子に限ってはそういうのがほとんどない。さすが獅子様。

乙女の二面性っていうのは、善人のふりした悪人とかじゃなくて、
普段は、世の中所詮こんなもんさと冷めたこと言って諦めモードだけど、
実は人間の心や英知を誰よりも信じていて、
いつか理想の世界が開けると希望を抱いてる…そんな二面性だと思う。

私の好きな天秤っていうのは、王子属性+へタレなのですが、
実際書くと、ただの良い子か独裁者になってしまう。
おかしいな。どうしてこうなってしまうんだー?と思っていたけれど、
へタレ王子なんて使い所ねーよと最近気付いた。

スレであれだけエロと色気の権化となっている蠍ですが、
うちのサイトではどこを見てもピュアピュアで困ります。
牡牛と組ませたら普通は濃厚な大人お色気コンビでしょうが、
ここではマイナスイオン発生装置にしかなりません。

射手と牡羊の違いってのは、影の有る無しだと思う。
牡羊は影を克服する。射手は影を抱え込む。
射手と双子の違いってのは、壁に立ち向かう態度だと思う。
双子は壁を回避する。射手はぶつかり、壊し、乗り越える。

山羊って、周りに振り回される不憫な人にしがちだけど、
試練に耐える・打ち勝つってのは得意分野だと思うので、
どんなトラブルも人生の糧として受け止められるタイプだと思う。
なので、振り回されずに手綱を取る山羊もアリかと。

水瓶の口調が淡々orハイテンションなのはどうなんだ。
変人扱いで喜ぶ瓶と、普通でありたい瓶の二種類いるそうなので、
もっと普通な水瓶がいてもいいのかもしれない。
ただ、書く方も読む方もあんまり需要はなさそうだ。

魚についても、蟹と同じく、男らしさを求めた時期がありました。
しかし、とうに昔の話です。もうどうでもいいのです。
魚は12星座の末っ子で、アイドルで、可愛ければいいのです。
可愛いは正義。時々、張り倒したくなるけど。


以前書いたものと重複するのもあるけど気にしない。
No.21
2009/07/23 (Thu) 00:46:38

せっかくの天体ショーも、雨雲のおかげで見ることができませんでした。
晴れてさえいれば、90%以上欠けた太陽が拝めただろうに…
どっちも自然の起こすこと。人間にはどうしようもないですしね。
うーん、しかし残念。

では、久しぶりに星座語り。順番に牡牛のことをつらつらと。
資料も何も見ずに思いつきで書いてるので、間違ってたら教えてください。


牡牛っていうと、まあ、牛そのもののイメージがあります。
大きくどっしりとしてて、のんびり草を食んでるような。
それでいて、一度暴れ出すと手がつけられなさそうな。
慎重で芸術性もある星座なのに、なんだろうこの粗野そうなビジョンは。

星座の環は、順に人の年齢に例えられたりしますよね。
牡羊が生まれたての赤ちゃんで、魚が死ぬ間際(もしくは死後)の老人。
この環の最初に近い星座って、子供であり、より野生に近い感じがする。
性格がワイルドということじゃなくて、本質が出やすい、みたいな。
誰でも根本的な欲とか生命としての最優先事項というのがあって、
でも、そういうのはそれぞれの個性とか社会性とかいろんなもので隠してる。
で、最初の方の星座は、その色々被っている物を簡単に脱ぎ棄てられる気がする。
(逆に言うと、後の方の星座はすごく重ね着してるのかもしれない)
ただ、脱ぐにはそれなりのスイッチが必要だけども。

牡牛の場合は『快楽』と『安定』を求める時、一番ワガママになりそう。
これって、やっぱり小さい子供の本能的な働きに似てる。
なんかの実験で、赤ちゃん(離乳食は終わってる)複数人の前に
色々な食べ物を用意して自由に食べてもらうと、
赤ちゃん達は、自然と栄養バランスの良い食事をしたのだそうです。
で、中にもともと栄養の偏り気味な子がいたんだけど、
そういう子は、自分で足りない栄養の入ってる食品を多めに食べた。
人間の五感には、そんなすごい力が備わってるんですよね。
誰に教わらなくても生き延びるために最善の物を選べる力が。
牡牛が『良い物』にこだわるのって、すごく本能的なんだと思う。

大人になって、様々な知識が入ってきても、最終的には感覚で決めてそう。
でもきっと、牡牛に限ってはそれが一番間違いの無い選び方。
これ、他の星座がやると、きっと危険。
双子あたりは情報に頼った方が安全だし、魚はもう人に任せた方がいい。

おおらかで肥沃な大地、牡牛さんですが、実は休火山でもある。
長年微動だにしなかったくせに、ある日突然ドッカーン!となったりする。
怒らせると怖い星座っていうと蟹あたりも怖そうなんだけど、
彼の場合は普段から気分屋なので、周りも多少は心構えがある。
でも、牡牛みたいなのは本当に突然だから恐ろしい。
しかも頑固だから、簡単には怒りがおさまらない。
もう牡牛の気が済むまでご機嫌とるしか道はないんじゃないだろうか。

そんな牡牛と組ませたい星座は、牡羊…は前回書いたから、
それ以外だと、水瓶かな。
どの星座と組ませても暴走しそうな瓶だけど、牡牛とだと落ち着きそう。
なんというか、牡牛の抜群の安定感は、重力がありますね。
他の星座はそっちに引っ張られて、なんとなくまったりしてしまう。

あ、牡牛といえば、声が良いとされるのも、ポイント高いですよね。
いい声って、いつまでも聴いていたくなる。あれも一つの快楽。

独占欲の強い牡牛は何でも独り占めしたいタイプだろうけど、
良い物、綺麗な物、気持ちいい物、素敵な物を誰より知っているから、
それを周囲に広める側に立てば、いい仕事しそうな気がします。
No.17
2009/05/22 (Fri) 00:11:49

新種のコンピューターウイルス。
感染はしてなかったけど、一通りチェックして対策もしてみたけど、
大丈夫だとは思うんだけど… まだまだ安心できない状況みたいですね。
しばらくは自粛してた方がいいのかな。


で、タイトルなんですが。
たまには一つの星座について書いてみようかと。
まずは永遠の一番手、牡羊座。

個人的なデフォイメージは、昇順長男。
ガキっぽい部分もあるけど、しっかり頼りになる人。
スポーツマンだと思うけど、何でも一度決めたら打ち込めるタイプ。
だから、すごく勉強家で頭のいい牡羊もアリ。
前にもどこかで書いたけど、優等生要素はあると思う。
生徒会長よりは学級委員長って感じだけど。

火は、目標に向かって爆走するイメージ。
獅子だともう少し計算が入って、あちこち手を広げつつ悠然と進む感じ。
射手だと、目標自体がコロコロ変わって、その都度走る方向が変わる。
牡羊は、目標を定めて、ただひたすらに真っすぐ走る。
単純明快、小細工の無いところが最大の魅力だと思う。

タロットの解釈だったと思うけど、
牡羊が迷いなく走れる理由は、正しい目標が見えてるから、らしい。
牡羊のカード、皇帝は、天の軍勢を率いる指導者。
彼は常に理の光を発しているのですが、これは万物の設計図。
つまり、全ての計画は彼の手の中にすでに存在している。
だから、難しく考えたり取捨選択する必要など無い。
いつでも即断即決。
もう決まっている完成形に向かって行動するのみ!というわけです。

言い方を変えると「基本ができている」とも言えるかもしれない。
人間が生きていくために決して外せない部分、そこに忠実なのが牡羊なのかな。
12星座で一番軸がブレない人でしょう。
ただ、衝動的な部分があるから、思いがけないこともしでかしそうですが。

他星座との組み合わせでは、牡牛か魚と組ませたい。
牡牛と一緒だと、攻守ばっちり。
出過ぎる牡羊を牡牛が抑え、引っ込み過ぎる牡牛を牡羊が引っ張る。
スポーツ物、学園物、会社物、バトル物で相棒して欲しい。
魚と一緒は、ヒーローとヒロインw
俺に任せろ!な牡羊にとって、受け身で甘えっ子な魚はちょうどいい。
ただ、ムードに鈍感な牡羊を魚が許容できないと辛いのかも。
牡羊が常にカッコよく魚を守れるような世界観なら長続きしそう。

| HOME |
PR
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
karon
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]